2009年07月20日

ヘリからの風景

 
この文章をいま、ニューアーク国際空港のコンチネンタル航空専用ラウンジ「プレジデントクラブ」で書いています。先ほど、マンハッタンのダウンタウンからUSヘリコプターのヘリで空港に入りました。


USヘリコプターは、マンハッタン地区のダウンタウンおよび東34番通りの2カ所にあるヘリポートとニューアーク空港を定期便で結ぶ独立系エアシャトルサービスの会社。通常は片道159ドルの運賃がかかりますが、コンチネンタル航空の“ビジネスファースト”クラスを予約した場合はこのエアシャトルを無料で利用できます。

しかも両社のコードシェアにより、搭乗手続きが一本化しました。ヘリポートでの運輸保安局(TSA)のセキュリティ検査は思ったより時間がかかりましたが、ここを通過してしまえば、もう空港でのセキュリティチェックは必要ありません。ヘリポートでのチェックイン時に最終目的地までの搭乗券を取得し、荷物も成田まで自動的に運んでくれます。

ニューアーク空港までのシャトルサービスで使用しているヘリは、プレミアムシート8席を搭載したシコルスキー社製のもの。マンハッタンからわずか8分ほどの空の旅ですが、ヘリポートを飛び立って間もなく、自由の女神像を右手に見下ろしながらのフライトは快適でした〔写真〕。

さて、スカパー「旅チャンネル」の情報番組『世界のエアラインガイド』のニューヨークロケも、これで全日程が終了です。これから11時10分発のコンチネンタル航空009便成田行きで、帰国の途につきます。

S.Akimoto at 23:12│アメリカの旅 | エアポート
Profile

秋本俊二(Shunji Akimoto)

作家/航空ジャーナリスト。東京都出身。学生時代に航空工学を専攻後、数回の海外生活を経て取材・文筆活動をスタート。世界の空を旅しながら各媒体にレポートやエッセイを発表するほか、テレビ・ラジオの解説者としても活動する。『空を飛べるのはなぜか』『これだけは知りたい旅客機の疑問100』(サイエンスアイ新書)『羽田空港のひみつ』(PHP新書)『ANAとJAL──こんな違いがあったのか』『飛行機はなぜ、空中衝突しないのか?』(KAWADE 夢文庫)など著書多数。

Logo_MakotoStyle_Tittle.jpg
 
Contact

仕事依頼や相談・問い合わせは以下よりお気軽にどうぞ。のちほど連絡させていただきます。     ◇  ◇  ◇

名前
メール
本文
Books