2009年02月21日

デルタ航空搭乗記

 
今月初旬に急きょ米国アトランタへの取材を敢行して書いたデルタ航空の搭乗レポートが、早くも活字になっています。掲載されたのは酣燈社の『航空情報』4月号〔写真〕。本日より書店に並び始めました。


それにしても、目まぐるしいスケジュールでした。南仏トゥールーズからの帰国の途中で寄ったシンガポールに同誌編集部から最初の相談が舞い込んだのが1月の下旬です。そのとき行動を共にしていた航空写真家の小栗義幸氏(私のBlogにときどき「O氏」の名前で出てくる相棒です)に打診したところ、彼の「行きましょう!」のひと言で仕事の依頼を受けることに。で、帰国後すぐに編集部の担当者と会って打ち合わせを進め、翌週の2月3日にアトランタ行きのデルタ航空便に乗り込みました。

帰国後、中一日で計8ページぶんの原稿を書いたのですが、初稿を入れてから掲載誌が書店に並ぶまでわずか10日というスケジュールは私も初めての経験です。編集作業も、まさに綱渡りといった感じだったでしょうね。

スケジュールがタイトだったからといって、もちろん手を抜いた箇所は1行たりともありません。限られた時間の中で自らの持てる力を120%発揮するのは、急な取材依頼にもかかわらず親身になって応じてくれたデルタ航空やアトランタ空港の関係者たちの熱意に報いる意味でも当然のことです。「新生デルタ航空の“勝算”」というタイトルで、全29ページ。なかなか読み応えのある特集になっていますので、書店で手にとってみてください。


S.Akimoto at 21:55│世界のエアライン | 書籍・読書
Profile

秋本俊二(Shunji Akimoto)

作家/航空ジャーナリスト。東京都出身。学生時代に航空工学を専攻後、数回の海外生活を経て取材・文筆活動をスタート。世界の空を旅しながら各媒体にレポートやエッセイを発表するほか、テレビ・ラジオの解説者としても活動する。『空を飛べるのはなぜか』『これだけは知りたい旅客機の疑問100』(サイエンスアイ新書)『羽田空港のひみつ』(PHP新書)『ANAとJAL──こんな違いがあったのか』『飛行機はなぜ、空中衝突しないのか?』(KAWADE 夢文庫)など著書多数。

Logo_MakotoStyle_Tittle.jpg
 
Contact

仕事依頼や相談・問い合わせは以下よりお気軽にどうぞ。のちほど連絡させていただきます。     ◇  ◇  ◇

名前
メール
本文
Books