2008年05月13日

7人の五輪メダリスト

 
「ねえねえ、あの飛行機、何?」と、空港のランプエリアに姿を現したJAL機を指さして男の子が聞いています。「お顔がいっぱい並んでいて、面白いねえ」


その見慣れない塗装の機体には、聞かれたお母さんも驚いている様子でした。昨日の午後、羽田空港でのことです。

17時30分発、札幌行きJAL537便。そのボーイング777-300のボディーに大きくペイントされていたのは、かつて各国のオリンピック会場を熱狂に包んだ日本人メダリストたちです。柔道の山下泰裕さん、マラソンの有森裕子さん、競泳の鈴木大地さん、体操の森末慎二さん、シンクロナイズドスイミングの小谷実可子さん、柔道の古賀稔彦さん、競泳の岩崎恭子さんの7名の顔が機体に並んでいました。

1998年の長野オリンピックから、JALはJOC(日本オリンピック協会)のオフィシャルエアラインとして日本人選手たちの支援を続けてきました。そのJALが今夏の北京オリンピックまであと88日となった昨日から就航させたのが、歴代の日本人メダリストたちの顔とそれぞれのメッセージを塗装したこの「応援ジェット」です。

JALの整備ハンガーでは就航に先がけ、当日午後より「がんばれ! ニッポン! 応援ジェット就航発表会」が開催され、機体に描かれた7名のメダリストの中から有森裕子さん、鈴木大地さん、森末慎二さん、岩崎恭子さんの4名も顔を見せていました〔写真〕。発表会の様子も含めた応援ジェットの詳細は明日、All About『世界のエアライン』にアップする記事で報告します。

S.Akimoto at 10:44│日本のエアライン | 航空機
Profile

秋本俊二(Shunji Akimoto)

作家/航空ジャーナリスト。東京都出身。学生時代に航空工学を専攻後、数回の海外生活を経て取材・文筆活動をスタート。世界の空を旅しながら各媒体にレポートやエッセイを発表するほか、テレビ・ラジオの解説者としても活動する。『空を飛べるのはなぜか』『これだけは知りたい旅客機の疑問100』(サイエンスアイ新書)『羽田空港のひみつ』(PHP新書)『ANAとJAL──こんな違いがあったのか』『飛行機はなぜ、空中衝突しないのか?』(KAWADE 夢文庫)など著書多数。

Logo_MakotoStyle_Tittle.jpg
 
Contact

仕事依頼や相談・問い合わせは以下よりお気軽にどうぞ。のちほど連絡させていただきます。     ◇  ◇  ◇

名前
メール
本文
Books